#871 1940’s duffle messenger bag
5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4 5e39330d94cf7b5129279ed4

#871 1940’s duffle messenger bag

31,900 JPY

About shipping cost

1940年代の米軍ダッフルバッグをトートとしても使えるメッセンジャーバッグにカスタムしました。 Room No.6唯一無二のカスタムスタイリング。マイナーチェンジを繰り返しながら定番モデルとして作り続けています。 ストレスポイントにはあらかじめ近い年代のテープで補強を入れています。 生地感は厚地で程よい張りのある印象。4〜50年代らしいヴィンテージ感のある色味に白い縫い目が映えます。白糸を使っているのは珍しいですね。 持ち手近くに手書きで書かれた198の文字、いつの時代かに1ドル98セントで売られていたのでしょうね^ ^マジックで直接値段を書いてしまうワイルドな感じ、好きです。 内側のポケットにも同じ年代の生地を使用。 上部のドットボタンは米軍70年代のデッドストックを使用。 ショルダーストラップは同じく40年代のコットンベルトを使用しています。若干短めなのでタイトに背負う方向けですね。胸の辺りで斜めがけしてもカッコいいですよね。 最近流行りのストラップの先端ロープも装備してます。 バックルは日本製。ダールブラック加工を施したので違和感なく馴染んでいます。 持ち手は植物タンニンなめしの高級イタリアンレザーを使用。使い込むほどに深みのある色に変化します。 ご使用前に窓越しでいいので一週間ほど日光浴をしてあげるとツヤのあるアメ色に変化します。また張りのある丈夫で汚れにくい持ち手になります。 持ち手を留めているリベットはアメリカ製の馬具などに使用される銅製リベットを使っております。一つ一つ手打ちで留めています。 -handmade in Tokyo, Japan. Size Height タテ 36cm Width ヨコ 54cm Depth マチ 17cm Handle 持ち手 29cm Strap ストラップ 〜86cm